繰り返し動作の有用性についての検討

繰り返しの動作の有用性について考えました。


・繰り返しの動作とは
・先輩方のつよFS紹介
・先行研究を踏まえてFSを撮ってみました

・内容と全く関係ない日記(読む価値なし)

続きを読む

2018年 総括

年末になったので今年の自分をダイナミックに振り返ろうと思います。


                               `       ................
                   ````````````                                                                 `   ```~!!!!!!~``



                              ................................  ``                           `   ................      `
.__~<???77"4#"""""""""77777???!!!~```              Tb.                   `                        .#`  `       ``~!?????7777777777N7?!!``
          .M!                                       vb                                            ,#                              .N.
          JF                                         M_                                           .N.                              d[
          Jb                                        .M`                                            ,b.                             ,F
           We                                       d$                                              ,N,                            d:
            Tm.                            `      .M=                    `                            ?n.                         (%
             .Ta,                               .d"                 `                                   ?4,.                    .V!
                ?Ya,.                       ..X"!                                                          (=&..            ..J"`
                    ?"YGJ.....    ......JV""`                                                                   _77=<<<??7"!`
                             _!??!!`
                                                                         `



                                                                           ` .JYTm,
                                                                          ..#=    (Ua,
                                                                      ` .dB+(((((((((dN,


↑いつもFC2ブログのリンクをツイッターに貼ると初めの数行がプレビューされるじゃないですか。それが途中で切れてるのが全く問題はないのですが何となくダサ~と思っていて、今回はそれ対策で俺のアイコンのAAを入れて密やかな抵抗を試みました。スマホで見てる人が居たらすみません...


ジャペン観ました!実はDADA出たあと活動する気が0.3くらいだったのでジャペンも「まあ見るか」みたいなノリで見たんですがそれがよくなくて、全身から虹色のモチベが濁流の如くあふれ出し自室が決壊、まばゆい光が泥牛家のリビングを包み込む結果になってしまいました。久しぶりに里帰りでもするかと思ったら強制送還だった。俺はもうペン回し村から出られない、俺はここで一生ヨーグルトを醸造するんだ...というあきらめと共に2019年、再スタート!

ということでこの記事では2018年で起きたことや自分のペン回しを時系列順に振り返ります。より本格的に自分のペン回しについて語るやつは次の記事で語ります。そっちも見てね

振り返っていくぜ

続きを読む

DADA を観ました

DADA観ました?
僕は産まれたてになりました。

DADAの感想を書きます。無論、喃語で―――





Joshinさん復活ヤッターーーーーーーーーー!!!!!!!
Joshinさん復活ヤッターーーーーーーーーー!!!!!!!
Joshinさん復活ヤッターーーーーーーーーー!!!!!!!

         図1/ヤッターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー\


個人的にロータス・ゴッドさんと並ぶ編集・ゴッドのJoshinさんのCVということで動画提出からの二ヶ月間、どういうCVになるのかな...と思わぬ日はありませんでした。前作MAWA(神)の流れを受け、より洗練したコンセプトで...というものだからまさかまた3曲使うのか?と思っていたら本当に3曲使っててワロタ。3曲でなぜまとまるのか?いやこれまとまっているのか?ただただ眼前の圧倒的説得力を前に最早何も分からなくなり、気が付くと私は瓦礫の中でオギャア、オギャアと泣いておりました。長年培ったCV観を粉砕された私はさながら赤子同然であり、そういう意味で今日、私は再び産まれたてになりました。CVってなに??

★LIVE感のある感想(推敲なし(喃語ゆえ))

開幕からプレビューで観たグリッチが粗ぶり、OP?と思ってたらスローテンポな洋楽と共に本編スタート。チャンネル変えてたら突然ペン回しの番組やってたらウケるな。MAWAの時と同じで、一番最初に思うのは「えっw」なんですよね。海外感あるな~今回こういう感じか??と思ってたらkin出てきて完全にプライベートジェットからグアム島を眺望する姿勢になっていたところでジェットが墜落、ウィキさんと共にジャジーな世界観。音楽が代わるタイミングが絶妙ですよね。展開が欲しい、俺を裏切ってくれ!と丁度思い始めたところでチャンネルを変えてくれる。もう少し音楽が変わるのが遅かったら私はリクライニングチェアを倒していたと思います。

そっからの展開が気持ち良すぎてワロタ。誰もいないホテルの渡り廊下を後ろ向きに全力で走るような疾走感。Wikiさん→oZoneさんというオシャレ属性のスピナーに"神"、俺(俺?)、Beigeさんが続く最高の一ページ。最高、引退します。ここのパートの人たちの環境の嗜好になんとなく共通性を感じました。mindさんの繰り返しの動作が音に合いすぎていますね...編集しててこんなことになったらアドレナリン祭りで脳が液状化しそう。

そっからはもうこっちのLPは0なんで流されるままに展開を受け入れました。EDかっこいい。これから一週間はクリスタの木炭水彩ブラシでEDの写経をします。すんません、なんも言えません。気づいたら終わってました。ありがとう...


★感想(幾分落ち着いた)

「ペン回しが見やすい(≒集中できる)」と「新しさ」を両立するのは非常に難しいことです。新規性のあるCVはどうしても編集に目がいきがちですし、初見時のペン回しの印象がゼロになってしまうカルマを背負ってしまうものですが、そこはやはり巨匠。見やすい。Neue,MAWA同様、新しい、ペン回しが、見やすい。すごい。僕の編集用の下位フォルダ「カス」にはJoshinさんを真似しようとして失敗したプロジェクトファイルが無限にあります。夢の跡。

また、出演スピナーの層に多様性があったのも良かったです。この次は誰だ?感が個人的なCVの醍醐味であり、これがあると初見時のワクワク感が違います。はじめにまあ絶対出るVAINさんを見せて視聴者の予測を潰し、kinも見せることで予測射程がユーラシアにまで広がる、あの瞬間。
(実はCygnusでも意識して絶対出るNoelさんを先鋒にしたところもありました。(隙を見せたな、語らせてもらうぜ)

★出演者様のFSの感想

すみません、当方、老骨なので全員分書くバイタリティがありません。よって贔屓をします。許してください(下目遣い)

BSさん
BSさんだ!!

oZoneさん
個人的にはこの暗い背景の動画群が好きです!最近の中でもなめらかさが際立っていて、良(よ)

mindさん
やっぱり、神なんですよ...。mindさん世界一うまい。本当に。
遊び心を見せつつも、最後まで一切の淀みなく、澄んでいます。FSがな、澄んでいるんだよ
繰り返しの動作を入れつつ構成に矛盾がないとかそういう技術的な次元を超越して、ただただ美(び)
今後もFS見たいです、本当に(泣)

Drowsyさん
Thank youは俺の声です

Beigeさん
最近のシメパス祭り好きです。講座めっちゃ面白かったです!

aonekoさん
最後まで見どころたっぷりで実に僕好みです。
こういう、見どころがリズムを伴って次々に現れるFSが好きだなあ 俺は...

ayaNoさん
ありがとうございます!

HALさん
HALさん完全復活や...


引き立てるペン回しが見事だからこそシンプルな編集が活きるんだなあと改めて感じました。

(10/12追記 てか今気づいたけどこれ出演者の中で僕が一番歴短いんですね...7年なのに...)

★僕のFS
自分を、自分を語らせてください。CV出演は半年ぶりなんだ、感極まったんだ、許してください。



自分、初めて自分のFSが良いと思えました。
はっきり言ってこれまでの7年間のFSはひたすら泥牛・誤魔化しの世紀であり、何回撮影しても最終的には完成度が保てる数少ないコンボを繰り返し用いて矛盾なく組み立てる作業を強いられていました。自分がFS組んだ時にやりたかったことがそのまま表現できたことって今まで一度もないんですよね。CV出演を減らし、環境を工夫し、遅く回して情報量を絞るなど、全部実力のなさが露呈するのを恐れた結果でありました。あんまり過去の自分をディスってその対比で今を演出するのもダサいのでこれくらいにしますが、とにかく、自分が良いと思ったFSが良いCVに使われたのは初めてで、何と言うか、ありがとうございまシュゥウウ...。

自分のFSの内容について言及するのも初めてな気がするな、テンション上がってきた(湯気が出る)
ご覧の通り今回のFSの見せ場は何と言っても〆です。〆が派手な切り返しなので、それを盛り上げるために始動は切り返し無しでインパクトのあるものを、中盤は〆との対比で円軌道の滑らかな切り返しの流れを採用しています。そういった内容面の整合性とFSのリズムを確保しつつ、指の形がギリ見れる~良くらいの見栄えになる技だけで固められたのが良かったと思います。自分をこんな褒める人いるんだ...

悪い友達の影響を受けたり、JAPANCUPでFS内容への興味が強くなったこともあり、今後は情報量を確保するために速く回すと思います。ただ、遅く回せるのは武器でもあり、情報量を意図的に減らしてインパクトを強めるなど表現技法としては一定の価値を感じているため、機会があれば使う余地は有ると考えています。

あとねおばくmodの動画はこれが最後になると思います。本当か?????

「子供騙し」「ありえないほどワンパ」など賛否両論の泥牛でしたが、歴7年になり少しずつ成長しているので暖かく見守っていただけるとありがたいです。今は新ペンで、雅に出たい!


★まとめ
Joshinさん、想い出に残る神CVをありがとうございました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





0+ the FINAL を観ました

あまりにも素晴らしい作品を観たとき、感想を言う、あるいは思うことすら憚られます。作品の素晴らしさが自分の言葉になると一気に陳腐になるし、果ては自分の貧弱な語彙によって作品が再編成されてしまうような気さえしてきてヒーーーーーーンヒンヒォ!!!!となり最後は決まって「これは神」という仮初の結論を立ててそれ以上語らないように、考えないようにしています。それゆえ衝動的に安易な感想を口走ってしまったとなれば後日に猛烈な後悔が襲ってきて体調を壊し白い壁を見て一日を過ごすことになります。

にも関わらず今回0+の感想記事を書くぜとなったのは上記の不安よりも「神CVを作ってくれた製作者様に謝意を述べたい」という気持ちが大きかったからに他なりません。感想を書くことが僕が今できる恩返しのような気がしたのです。なんなら直接感謝の言葉をLotusさんに言っても良かったのですが、いきなり長文で「ありがとうございました...もう未練はありません!!」みたいなDMが飛んできたら「死ぬのか?」となるだろうことは想像に難くありません。


ということで思ったことを全て書こうと思います。
そう、全てを書き尽くした先に俺が0+になれると信じて―――

続きを読む

inspinning relay 感想

"無"の春休みも半ばにしてなんと自身の言語野が焼け野原と化してしまったので失われし言語能力の再獲得を目指してインスピリレー企画の感想を書こうと思います。

まだ企画を知らないという方は


この企画に誘われたのはだいたい2年前の今頃だったと記憶しています。憧れのfrikyuさんから企画の招待が来て2年前の僕はガッツポーズを振り上げそのまま自室の壁を破壊し二つ返事でOKした後にメンツの豪華さに顎が外れました。回す順番などは全てランダムでしたし、万が一メノワさんの後に配置されようものなら失踪してそのままインドの道路脇でくたばろうと思っていました。


実はこのお誘いを受けたのが受験期の年の初めでして、列の三番目くらいまでに配置されれば何とかなるかな~と思ってぼんやりOKしたらなんと列のみならず全体で一番最後の"TORI"に配置されてしまい笑いました。しかし受験が迫り普通に笑い事ではなくなって辞退を申し出るなど色々あったのですが、各々撮影が難航したらしく僕の順が来る頃には僕の受験は終わっていたので平然と復帰しました。僕の前のパラさんは撮影に半年かかったらしいですが、その結果僕が復帰できたのでナイスディフェンス!という感じです。
とはいえ喜びのまま無計画に企画を受けてしまったのは反省しています。ご迷惑をおかけしました。


とりあえず各グループの感想を軽めに書いていこうと思います。本当は動画を観ながら感想を言って、視聴者もコメントで感想を言い合うような生放送が一番面白そうだと思ったのですが、前述の通り僕の言語能力が終了しているのでとりあえず推敲ができるブログにてここは一つ。感想が僕と違いすぎてつい拳を振り上げてしまうかもしれませんが、その拳は大切な人を守るために振るってください。は?


くだらないこと言ってないでさっさといくわよ!


(書き始めて思ったのですが、個々の動画について、前の人の動画との表面上の類似点を僕が観測できた範囲でただ指摘するのは何となく企画の趣旨とも違う気がするので、グループ毎にまとめて動画を観て、漠然と思ったことや印象に残ったことを書くに留めておきます。)


A
Menowaさん→Noelさん→mindさんということで初めからクライマックス。コンセプトが分かりやすいMenowa*さんのFSをNoelさんが確かな技術をもって汲み取っているのが印象的です。

B
この列は攻守共にバッチリなFSから始まり、色々な変成作用を経て最終的にラフなFSに仕上がってたのが面白かったです。

C
sivaさんが前のエバチさんの技や流れを受け継ぎつつ隙あらばマルチプルを入れてたのが印象的です。モナチョさんの〆。kirboさんの動画観れて最高

D
oZoneさんが巧みにfrikyuワールドを展開してて良かった。マワシズキさんで世界観180°変わっててワロタ。Joshinさんの動画観れて最高

E
tmrwさんはやる人でした...怒りの回転統一 Goatさんの動画観れて最高
Jujorousさんのペンが攻撃的で良

F
aonekoさん,Malimoさんがスタイリッシュで好きです

G
今年一番ワロタ。Martさんの禍々しさをBeigeさんが何とか受けきり、ayaNoさんが全力でスタイリッシュ方向に軌道修正しつつもDispenseさんで〆がヤバくなり最終的に禍々しさが増すの面白すぎる
Beigeさんがこの企画で一番体張った感じがします。

H
Pearlsさんの〆の入り好き
Closfdatlaさん!?A9さん強すぎる

I
一平さんが俺のコンセプトや流れをまるごと使ってくれて感動。そして上手すぎるし一発撮りって何だ!?
肄弖嵳さんもかなり正確に同じ流れを作ってて俺の上位互換が二連続で積み重なる。
Mesiさんが回転方向を整えてFSがかなりシュッとした

僕の動画について:

一個目はかなり昔ので恐縮なのですが、ippeiさんが完全に汲んでくれたように「直線的な切り返しでリズムを作る」というコンセプトでオーダーを組んだと思います。paraさんの滑らかさは以前からヤバとなっていて、動画を繰り返し見て研究したところ「流れを切らない曲線的な切り返しがミソなんじゃないか」と考え、曲線的な切り返しを軸にFSを組んでいきました。ここでインスピ元の僕の動画とほぼ真逆のコンセプトでオーダーを組んでいる自分に気づき愕然としました。伝言ゲームの理想のオチを忠実に体現してしまい参ったねぇこいつァ傑作だとなった

一回試験的に曲線的な切り返しだけでFSを組んだところ当時の技術ではえげつないことになったので、内容を整えるために一回普通の切り返しが前半に入ってます。FSとしての体裁よりもコンセプトを徹底した方が面白かったかも。この曲線的な切り返しがとても楽しく、大いに気に入ったので実はジャペンのFSにも多めに入ってます。


まとめ
「前の人の動画からインスピレーションを受けて、それを自分のFSに反映する」という営みはかなり抽象的な美的活動だと言えそうですが、それが「なんとなく」出来てしまうのも評価基準が曖昧かつ表現方法が多彩なペン回しだからこそだと思います。この「なんとなくこんな感じ」というのを言葉ではなくペン回しで共有することができたのは何やら神秘的な体験でした。


長文になりましたが以上です。素敵な企画に招待してくれたfrikyuさんありがとうございました!

完。これからエビを焼きます