スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cygnus 編集後記

JEB公募CV《Cygnus》を公開しました。

Cygnus

まず、沢山の感想をありがとうございました。ここまで反響いただけると流石に最高かよすぎ感溢れます。
Casterさん考案の素敵なハッシュタグ #JEBCV 、皆で流行らせましょう!


編集の細かいことや反省・考えたことなどは別の記事でダラダラまとめることにして、こちらでは普通の編集後記を書いていこうと思います。

◆楽曲について
大好きなELECTROCUTICA様のRéceptionという曲を使わせていただきました。
ピアノとシンプルな電子音で構成されたこの曲、実は近い将来にリリースされる予定のノベルゲームのBGMなのだそうです。
ちなみに豪華客船のエントランスホールというシーンで流れるBGMだとか。それでタイトルがレセプションなんですね。
いや~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ォ好き。語ると長くなるので次記事で。


◆ざっくり・編集する際に気をつけたこと

今回はとにかく見やすいCVにすることを心がけました。
具体的には、「ペン回しの邪魔にならない文字出し」「無駄のないシーンチェンジ」「派手すぎないカメラワーク」などです。
イージングはこだわりました。音合わせも頑張りました。
1周目はペン回しの方に注目して観ていただいてから、2周目以降は各エフェクトにも注目して見てみると面白いかもしれないです。
細かいことは次の記事で語りますが、皆さんが視聴されていて不快に思われる箇所がなかったのならこの試みはひとまず成功なのかな~と思います。


◆OP
JEBで貼った画像の背景の色味を調整したのち、音を必死に拾いながら図形をポチポチ配置して作りました。
アイディアが浮かばないうちはまさに常時滝に打たれるが如き苦行そのものでしたが、最終的に図形が思い通り動いてシュッした映像が生まれたときは感動でなんか爆笑しました


図1 快哉を叫ぶ俺

そこまで尺も長く取っていませんでしたから、ぶっちゃけ要らない「編集 俺」「何のナンバリングだか知らないがプロジェクト.04」などの要素をバッサリカットし、「ペン回し!曲!タイトルなぞ知れたことよ!さあ動画!」という映像になりました。
タイトルコールを省略したのは実は斬新だったと思うのですが、実際なくてもそこまで違和感が無い気がします。
まあ直後登場したのがNoelさんだったのでそれどころでは無かった、というNoelさんありきの演出だった感は否めませんが...



◆集まった皆さんの動画と審査について

現に鬼のような審査をしたのだから、私は終始鬼として振舞うべきなのは承知の上で叫ばせてください。
鬼のような審査になってしまい申し訳ありませんでした!

締切二日前までは動画があまり来ておらず「な~んだ皆CVとか興味なくなっちゃのか~じゃあこっちも好きなように作るから」と拗ねていたら最終日で3倍に増えて笑っちゃった。
最終的に集まった動画は本当にレベルが高く、粒揃いすぎて締め切り後審査のことを考えては腹痛を催しました。
まああんまり私が平謝りすると他の編集者の方まで審査の業の深さで苦しんでしまいかねないのでこの辺にしておこうと思います。

それにしてもJEBでの参加希望者のうち未提出者は二名しかおらず、しかもそのうち一人はこの私という快挙。
皆、リアクションはなくとも見ていてくれたんですね...!本当にありがとうございました......


◆参加者にひとこと

編集後記お馴染みのやつをやります。(敬称略)
編集中に堆積した思いを書きなぐっていたら長くなってしまいました。
個人の主観を摂り過ぎて気分が悪くなったらすぐさま飛ばすことを推奨します。

Noel
ナランハ行きの電車内でCVつくりてえって話になった時、「タイトルそこにあるセキュリティノティスでいっかw」と言った俺に「まあなくはないが」と返してくれたお陰でCVが作られました。ありがとう。
あれきり音沙汰無かったので「撮影進んでる~~?」と煽りDMを送ろうとしていた最終日にスッとDropBox提出してきたイケメン。
「9秒前後」というこちらの控えめな秒数指定にピッタリ9秒の動画を投げてきたのもイケメン。
CVでの瞬間最大火力はいつだってNoelさんですね。開始3秒あたりの親指の動きがヤバすぎて編集中コマ送りしては爆笑してました。

Merry
まず環境の雰囲気が素晴らしいです。暖色の照明に赤色のG3がよく映えています。
全体を通してズッシリとした安定感があり、2333には貫禄すら伺えます。
始動からリバースまでのリズムも良く、その後の流れも単純にして爽快です。これは技術から出る魅力ですね~。
高画質もとっても似合ってます。羨まし~

oZone
コンセプトの分かりやすい楽しいFSでした。ペンの軌道が2Dだ...
一度も手の起/伏やアラウンド等で回転面が変わらないFSなんて1p2hでなければまず無理でしょう。
〆のビョンビョンがちょうど良く気持ちいい。本編でもこのタイミングに合わせて文字出しをしてみました。
毎回FSに合ったアングルになっていてこだわりを感じます。環境がな~~~良いんだよな~~~

iTiziku
相変わらずのミステリアスな指使いとヌルヌルのガンマンがたまりません。
毎回独特のタイミングでガンマンを差し込んでくるので〆に至るまで全く予想がつきません。あっ〆た!と思ったら腑に落ちている。
差し替え前のもいつもと違って好きですがちょっと画質が悪かったので差し替えいただいてガッツポーズしました。オレンジKT最高!
低速の対称ペンスピナーには謎のシンパシーを感じてしまいます。

VAIN
もうね~VAINさんくらいになると僕の好みとか考えて動画に出来ちゃうんだろうな~
普段見ない間の取り方や技のチョイスですが、どこを見てもやっぱ完璧なんだよな~
(ここから余談です)
ところでこのFSを最初見た時に、終盤までああもうやっぱ最高じゃんとなっていたのですが、〆の12からのFLSAがどうしても腑に落ちず、でも中盤までは完璧だし、はて...?と難題を突きつけられたような気分になりました。
なんというか、んん...?といった違和感で、それでもやはり中盤までは最高なので、疑いながらもタイムラインに置いてみたんですよ。そしたら見事なまでに曲に親和し、その瞬間に違和感が払拭され、完璧な動画がそこにあったのです。
後から考えた結果、どうやら以前の私は突然の「12⇒SA」を〆と捉えて多少の強引さを感じとったわけですが、曲と合わせて視聴することにより「セミリバ⇒12⇒SA」を〆と再認識したようです。そして、「緩やかな〆の入り、完璧じゃないか...」と腑に落ちたようです。何やら神秘的な体験でした。


長いし怖いよ。失礼しました。

Mitsuru
名前は初めて見ましたが一瞬で誰か分かりました。
新しい方角からスタイリッシュの旋風を感じます。
印象に残りやすい環境もGoodです。個性だ~~~
海外のスピナーで一番好きかも!

duri
始動カットすみません!Mitsuruさんの後は高画質で明るい環境のスピナーが欲しかったのでduriさんがピッタリだったんです...
〆に至るまでスピード感が維持されつつ放たれるサッパリとした〆が小気味いいです。
duriさんは低画質が一番似合うスピナーだと勝手に思っていたのですが、技自体めちゃくちゃ上手いので高画質でもいけちゃいますね。Moonzの光沢がテカテカしてますね。テカテカ。
基礎技の中にシメトリカルドラマーや〆前のスキップパスなどレアな技が自然に織り込まれてて面白いです。

Four
初見で動画見たとき良すぎてテンションぶち上がりました。
始動から〆前まで、Fourさんしか絶対に選択しないようなコンボばかりで目が離せません。
絶対にフルで使いたいなと思ってました。出来れば始動のシャドウも入れたかった...
この動画、個性の濁流って感じで最近で一番好きです。

ocsusu
ダークな環境と残像、ミステリアスでありつつ無駄の無い指使いが格好良い。
それも相まって、極めてシンプルなコンボから謎の魅力を感じます。
緩急の付け方も参考になります。好きだ~

rohacy
始動カットしてすみません!
随所、というかほぼ全域で見られるクラシックな技のチョイスがツボです。
この技そういう使い方あるのか~と学ばせてもらいました。
本編では2種類の切り返しがガッチリ曲と合ってくれました。

Ori
見るたび上手くなってて凄い...
動画は両方好きですがこちらの方が環境が良いと思います。カメラめちゃくちゃ近いけど迫力あって良い。
指使いも以前拝見したときよりも綺麗になってて好きです。
〆アレ薬指で弾いていたんですね...最後まで気づきませんでした
あっ受験頑張ってください!!!!!!!!!!!!!!!!!!

airi
ベイジュさんが言ってましたが最近のairiさんは良い意味でこちらの予測を裏切ってくれるのがすげえ好きです。
FLリバから23に流すやつ綺麗すぎて多分過半数の人気づいてなさそう。是非スローで見てみてください。
〆自体は見たことはありますがairiさんがやると全く別のコンボに見えるの面白いな~
あっHALA良かったです

nora
始動から掌流すところまでの流れ超いいですね~スピードが維持されていて爽快です。
途中の一瞬止める切り返しも意外性があって飽きません。
全体的にFSの密度が濃く、気合を感じました。音楽とも合って助かりました。

altema
アルテマさんのSAバクリバは最高。
今回も例に漏れず〆後は涼しい風が吹きました。
ちょっと全体的に上手すぎてコメントに困っています。助けてくれ。
珍しく一瞬インフィニティ要素が入ってて良いアクセントになっていてcool...

ponkotu
久しぶりにA9さん見れたヤッター!!!!!!となったのは僕だけじゃないはず。
音楽に合いすぎて笑っちゃいました。てか曲聴いてきたんですか?
これは違ったらそれはそれで奇跡だと思うんですが、今回僕は密かに音楽のBPMを記載していたので、それを参考に撮ってくれたのかな...とか考えてしまいます。
一瞬グリップ以外の部分がログアウトするフレームアウトがありますが、このダイナミックさの前では些細な問題です。
最高という他無い。最高という他がありません。



今回、珍しい選曲をしてしまい編集作業がかなり難航しましたが、提出された動画が良すぎたためかろうじて正気を保てました。

 
また、曲の尺が短めであったために審査では合格していたものの使えなかった動画がいくつかありました。
すみません.................

次回は3分半のCVになる予定です。
落選者へのコメントはここでは控えさせていただきますが、個別にご連絡いただければ落選理由をお伝えします。


◆おわりに

今回の編集を経て、また編集者として一歩レベルアップできたように思います。
関わってくれた皆さん、本当にありがとうございました。




コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。